商品情報にスキップ
1 17

Ciat Lonbarde

Rolzer

Rolzer

通常価格 €1,600.00 EUR
通常価格 セール価格 €1,600.00 EUR
セール 売り切れ
Instrument Bag
Patch Cables

In Stock

12VユニバーサルPSU電源付属

Ciat-Lonbarde Rolzerは、ドラム・ドラマ・マシンPlumbutter」用のビートジェネレーターアドオンです。Plumbutterは、パルスロールを含むすべてのパラメーターを電圧で完全に制御し、リズミカルなパターンを生成することができます。しかし、rolzのようなアンドロジナスな回路に電圧制御を加えると、このアイデアの原型であるrolz-5のような超音波のカオスをロールオフする傾向があるのです。

そこで、このように、コンデンサによってテンポに分類されたジオメトリの集合体であるRolzerがここに誕生しました。これはノブをいじるのではなく、関係性を構築し、最も奇妙で生き生きとしたリズムを探し出すためのものです。

Rollz-5の論文で示された概念によると、正方形と三角形のような偶数と奇数の幾何学の組み合わせは、超音波の周波数でカオスを含む高度なリズムパターンを発生させるそうです。偶数の「ロール」は安定したパターンを維持し、奇数の「ロール」はそのパラドックスを解決しようとする。それらをつなぐことでこれらの属性が時間と共に、「粒」となって混ざり合う。。オリジナルの電子回路図では、コンデンサを手持ちのもの、厳格なドグマ、あるいは純粋な気まぐれに基づき、ハンダ職人それぞれが独自の幾何学的な集合体を構築することができました。

このコンセプトがRollzの実験室へと発展したとき、Plumbutterはノブごとの純粋なコントロールと美的構成のために、あらゆる特異性を排除しました。しかし、Tocanteシリーズは、エレクトロニクスの素材であるコンデンサーについてRolzの当初のコンセプトを見直すことができる考え方を提供しているのです。

そこで、「E6」と呼ばれるコンデンサの工業的価値体系とコラボレーションすることで、ノブがなく、幾何学ならではの強い独自性を取り戻すことができるのです。基本的には10の比率を対数的に6段階に分解し、それをテンポ感に対応させ、イタリアン・クオリティと工業量を結びつけたもので、プレスト、アレグロ、モデラート、アンダンテ、アダージョ、レント、グレイブは1, 1.5, 2.2, 3.3, 4.7, 6.8, 10マイクロファラッドのモジュールとなっています。

さて、各テンポモジュールには、偶数と奇数の「ロール」の詰め合わせが含まれています。上から六角、三角、四角、五角、そしてまた六角。そのロールの叢を提供するために2つの六角形があり、接続が可能です。

色を定義する前に、サンドロッドの概念《入力も出力もしないアンドロイドノードで、異なるタイミングで両方の機能を実行する》をおさらいしておきましょう。

Rolzerでは、これらは単純なトランジスタ・ニューロンであり、コンデンサの放電、閾値(スレッショルド)までの上昇、他のニューロンへのパルスを反転させるという3つの単純な動作をする。

サンドロッドは、この3つの接点に位置し、センサーであると同時にパルスジェネレーターでもある。Rolzerモジュールの接続の大部分は茶色のノードとして表現されるサンドロードである。Plumbutterの言葉で言えば、茶色は暖色系でもあり寒色でもあるので、出力と入力、両方の属性を担っているのです。 しかし、時には出力だけが欲しい場合もあります。例えば、マニフェスト・ゴングの電圧制御のためなどです。そこで、各ロールには、ロールのテンポで矩形波を出力するオレンジ色のジャックを1つずつ用意しました。

接続は積み重ねることができ、すべてのPlumbutterと Rolzerの出力には電流制限抵抗があるので、茶色のバナナジャックには何でも入れることができます。ただし、茶色のバナナジャックには電流制限抵抗がないことに注意してください。

これはパラドックスウェーブエフェクトを伝えるために必要不可欠です。茶色のバナナジャックのインピーダンスは、グランドへのダイオード接合に似ており、プラスへの高インピーダンスが感じられます。2014年以降、聡明なシンセサイザーの多くは、出力に何らかの電流制限抵抗器を備えている為、ブラウンが壊れたという苦情は受けていません。しかし、もしあなたが非常に古いSergeを持っているなら、出力がクロスしたときモジュールが喫煙する事について既にご存知でしょうし、古いSurgeを茶色のバナナジャックにパッチするときには、その警告が適用されることに注意してください。

一般的に、茶色は互いにパッチングされ、Plumbutterの緑色の入力に接続されドラムマシンを表現するためにあります。同様に、オレンジはブルーまたはパープルに接続する「べき」なのです。そして赤とグレーはブラウンに戻ることができます。

 

試してみて損はないですよ!

詳細を表示する